2020HEBO(フレフレヒーボー)

アフィリエイトで稼ぐブログ作りに挑戦する両親と兄の介護に追われる経理部サラリーマン

転職で成功するために 熱意を持って周りを味方につけ組織を動かそうとしてみる

time 2017/10/25

転職で成功するために 熱意を持って周りを味方につけ組織を動かそうとしてみる

sponsored link

良い提案をしたのに上司から受け入れてもらえなかった、とあきらめていませんか?

 

新しい提案には必ず反対がでます。仮に周りから反対されないようなら
それは新しくはないか、たいしたことではないのかもしれませんね。
新しい提案をし反対されたときには、
反対されたからといってて簡単にあきらめるのではなく、
説得することに全力を尽くすことが大事です。
そのために必要なのは、提案に関するデータと関連する実績、そして「熱意」です。
本当に正しいと思うのであれば粘り強く、
二度三度の反対にはあきらめずトライすることが必要です。
熱意があれば、上司や周囲もついてくるようになります。
それが「組織を動かす」ということです。

良い提案だと確信していたのに採用されず、後になって問題が生じた時に、
「当時の上司に提案したのに聞いてもらえなかった。それ見たことか!」
と思いたくなりますよね。
でも、ちょっと待ってください。
できる人は、ここで提案を没にした上司の悪口を言ったりしません。
説得できなかった自分の未熟さを反省します。
石に噛り付いてでも説得する熱意がなかったことを反省します。
まずは自分のしてきたことを省みるその姿を見た周りの人たちは、
尊敬できる人として評価してくれることでしょう。





 

自分のモチベーションを高めてくれるのは結局は自分の熱意と行動

 

「上司や組織が自分のモチベーションを高めてくれない。」と発言する人はいます。
確かに、「労働環境で最も重要なのは上司」であることは事実ですが、
モチベーションは、上司を含め、他人に高めてもらうものではありません。
モチベーションを他人や組織の問題にして、自分で落ち込んでいても、結局、損をするのは自分です。
自分自身の行動と熱意でモチベーションを高めていきたいものです。




sponsored link

down

コメントする




スピリチュアル

こんにちは!HEBOです

HEBO

HEBO

会計事務所→IT系ベンチャー企業→IT系大企業と天職を重ね一応転職は成功したHEBOが、両親と兄の介護をしながらお金を稼ぐブログ作りに挑戦します!

アーカイブ