2020HEBO(フレフレヒーボー)

アフィリエイトで稼ぐブログ作りに挑戦する両親と兄の介護に追われる経理部サラリーマン

求人広告を頻繁に掲載している会社に転職してはいけない

time 2017/10/01

求人広告を頻繁に掲載している会社に転職してはいけない

sponsored link

稼ぐブログに育てる 18日目(2017年9月19日)




「頻繁に求人広告を出す企業の実態」

ベンチャー企業や「右肩上がり」の企業に見られる傾向

こういった「成長企業」の求人広告の特徴は、

企業の期待に応えてくれる社員には高額報酬を支払うといった内容のため、

自分に自信のある人たちからの応募が殺到することがあります。

 

そうなると、一般的には2次、3次と面接を実施し、ふるいにかけて

いくものなのですが、以下の方法をとった会社があったそうです。

 ・いくら面接を重ねたところで、実力を把握するには限界がある。

 ・ならば、とりあえず全員を仮採用としよう。

 ・そして、試用期間を6ヶ月間設け、全員にノルマを与え、

  それをクリアした人を本採用としよう。

 

こうして、仮採用となった社員にノルマが課せられる事になるのですが、

この”ノルマ”がとても厳しいものなのです。

 

そのノルマとは・・・

・その会社のトップ営業マンがなんとかこなせる月間受注獲得件数

・会社の事情も見えていないのに いきなり構造改革の指揮を任される

・半年以内にERPを導入することを課される

etc・・・

 

このノルマを達成できなければ本採用にはなりません。

しかし、どれも実現が非常に難しいノルマです。

仮採用の社員のほとんどは会社を去り、ほんの僅かの人たちが残ります。

残った社員は皆、ノルマ達成のための解決策や知恵を持っており、

近い将来、会社を牽引していく「優秀な」社員となるでしょう。

 





このシステムは賛否両論あると思いますが

よく こういうことを思いつきますよね・・・

sponsored link

down

コメントする




スピリチュアル

こんにちは!HEBOです

HEBO

HEBO

会計事務所→IT系ベンチャー企業→IT系大企業と天職を重ね一応転職は成功したHEBOが、両親と兄の介護をしながらお金を稼ぐブログ作りに挑戦します!

アーカイブ